ネパール(英語:/ nɪˈpɔːl / ;ネパール語:नेपाल [neˈpal])、正式名はネパール連邦民主共和国、南アジアに位置する国です。主にヒマラヤ山脈の中にありますが、インドガンジス平野の一部も含まれています。人口では世界第49位。国家面積では世界第93位の国です。国の周囲は陸地で囲まれており、北では中国と隣接し、南と西と東はインドと接しております。バングラデシュとはその南東部先端がわずか27キロ(17マイル)内に位置し、ブータンはインドのシッキム州を間に挟むだけの距離で離れております。ネパールは肥沃な平野、亜高山帯の森林に覆われた丘、地球上で最も高いエベレスト山を含む世界最高峰10の山のうちの8つの山を持つ、実に多様な地形に恵まれています。カトマンズが首都でネパール最大の都市です。ネパールは、ネパール語を公用語とする多民族国家です。
「ネパール」という名前は、ヒンドゥー教が設立された古代インドの時代、国の主な宗教であったインド亜大陸のヴェーダ時代のテキストに最初に記録されています。紀元前1000年の中ごろ、仏教の創始者であるゴータマブッダはネパール南部のルンビニで生まれました。ネパール北部の一部はチベットの文化と絡み合っていました。中心部に位置するカトマンズバレーはインドアーリア人の文化と絡み合っており、ネパールマンダラとして知られている繁栄したネワール人同盟の拠点でした。古代のシルクロードのヒマラヤ支部は、渓谷の商人たちによって支配されていました。
(世俗的)共和国際的なこの地域は、独特の伝統的な芸術と建築を発達させました。18世紀までに、ゴルカ王国はネパールの統一を達成しました。シャー王朝がネパール王国を設立し、後には初期ラナ王朝の下で、大英帝国と同盟を結ぶようになりました。国は植民地化されたことはありませんが、中国帝国と英国インドの間の緩衝国家として機能しました。議会制民主主義は1951年に導入されましたが、1960年と2005年にネパールの君主によって2度停止されました。1990年代と2000年代初頭のネパール内戦は2008年に非宗教的国を樹立し、世界最後のヒンドゥー君主制を終わらせました。
2015年に採択されたネパールの憲法は、ネパールを7つの州からなる非宗教的(世俗的)連邦議会の共和国と定めました。ネパールは1955年に国連に加盟し、友好条約は1950年にインドと、1960年に中華人民共和国と調印されました。
ネパールは南アジア地域協力協会(SAARC)の常設事務局を主催しています。またその設立メンバーでもあります。ネパールはまた、非同盟運動とベンガル湾イニシアチブのメンバーでもあります。ネパールの軍隊は南アジアで5番目に大きく、それはグルカの歴史で注目に値していましたが、特に第二次世界大戦中にも、それ以降においても国連の平和維持活動に多大な貢献をしてきました。